banner

ファスティングダイエット=断食?

断食道場なるものが全国のあちこちに出来て、難病の人が通うという話を聞いたことがあるかと思います。
そして、何故食べなくて病気を治すの?栄養をたくさん摂取して病気を治すのでは?と疑問に思われる方もいるかと思います。確かに、そういう考えの人は多いと思いますが、では何故人は病気になったり、ウイルス感染を起こすと食べられなくなるのでしょうか?それは、体が無意識のうちに内蔵を休ませようとしたり、酵素を使わないようにしているためなのです。食べ物を食べるという行為だけで、体内の酵素を使ってしまいます。現代人の体は酵素不足ですから、消化吸収に酵素を大量に使うことで、体を弱めてしまっているのです。脂の多い食事や肉食はさらにその傾向が高まります。
 病気の話にもどりますが、食欲が無くなると食事を摂りませんから酵素が病気を治すために使われるのです。人間の体はそうやって、優先順位を無意識の中で選んでいるのかもしれません。ファスティングダイエットをすることによって、酵素の無駄使いを止め、酵素ドリンクを摂取することで酵素を蓄え、内蔵を休めることで、免疫力の向上などが期待できます。ファスティングダイエットは全く食事を摂らない断食とは少し違って、酵素ドリンクと1日2リットル以上の水の摂取で行うものです。

注目記事

banner
酵素ドリンクを薦める理由

記事を見る

banner
酵素ドリンクはどんな飲み物?

記事を見る

banner
ファスティングダイエット=断食?

記事を見る

Copyright(c) ファスティングダイエット効果絶大!. All Rights Reserved.